2019~2020年度の会長方針

会長 藤村昌憲写真

会長 藤村 昌憲

2019~2020年度の会長方針

クラブ・テーマ: 「ロータリーを語ろう」
今年度のRIテーマは、「ROTARY CONNECTS THE WORLD=ロータリーは世界をつなぐ」です。
マロニーRI会長の強調事項として、地域社会とつながる、ロータリーは家族、全員で
成長していく、とされています。
  それに基づき、第2740地区千葉憲哉ガバナーの地区テーマは
「チャレンジしよう1(変化、活性化、つながる、伝える)」となりました。
RIテーマと地区テーマの関連性は、マロニー会長の強調事項から来ており、それに
沿って千葉ガバナーは地区全体の目標として18の目標を掲げられました。
私は、本年は咋年までCLP方針に従いクラブを変化させてきた実績をもとに、長崎北
ロータリークラブの今までの実績と歴史を大切にしていきながら、より相互に成長がで
きるクラブ活動の充実と会員相互の親睦を大切にしていきたいと考えています。
長崎北ロータリークラブの今年度のテーマは「親睦を深めていく中で相互に成長しよう」とします。

  • 1.さらなる例会の充実を図り、出席率の向上と新会員の勧誘を目指す。
  • 2.ロータリアンとしてのそれぞれの職業奉仕を見直す。
  • 3.専門部会と長崎北ロータリークラブ独自の活動の融合に注力する。
  • 4.活動を外へも発信することにより、公共イメージを向上させよう。

ロータリー一の原点である「ISERVE」を確認すると共に「地区アンケート結果」での
会員の長崎北ロータリークラブへの評価を更に高めるよう、皆様の協力の下この一年間、
会長職を努めてまいります。

会員皆様のご指導・ご支援を宜しくお願いいたします。
・会員増強目標  純増 2名
・ロータリー財団への年次寄付目標  一人平均150ドル/年間
・米山記念奨学金への年次目標  一人平均16,000円/年間



http://www.n-kitaro.jp/staticpages/index.php/Chairmanpolicy